Copyright (c) 消費者金融一覧 Creative.ltd, All Rights Reserved.

ブログ

ブログ

ブログ(blog)は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。ウェブサイトとしての体裁は主として管理者が記事を投稿する私的ニュースサイト、あるいは日記である。ブログを投稿する特定の方法に限定されないが、ブログ向けのソフトウェアやwebスペースがあり、それをダウンロードやレンタルして使えば、HTMLを知らなくても自身のブログとしてウェブブラウザから手軽に情報の発信・更新ができる。レンタルのものにはパソコン以外に携帯電話などモバイル通信端末のインターネット機能を用いた外出先などからの手軽な更新が可能な仕様のものも多い。それぞれの項目にはタイトルの付与が可能で、時間軸やカテゴリで投稿を整理、分類する構造となっている。用途は幅広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものがある。また、企業やクリエイター集団が、対外的な活動日誌などという位置づけで自社公式サイト内でブログを公開している事も多い。

スロット機

スロット機 スロット機スロット機
パチスロとは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によって規制を受ける第7号営業店=パチンコ店等に設置されるスロットマシンのことである。正式名称は「回胴式遊技機」。保安通信協会(保通協)によって行われる型式試験に合格しなければ設置できない。登場当初はオリンピア物産(現在のオリンピアとは別の会社)製の機械がメインだった為、「オリンピアマシン」とも言われた。 スロットマシンがリールの自動停止を待つのに対し、パチスロではステッピングモーターの制御により遊技者がストップボタンでリールを停止できる。これはパチンコとともに法的に遊技者が最低限の技術介入を求められているためである。 パチスロ登場以前は、ラスベガスなどでお馴染みのいわゆる「アップライト型」が主流であったが、大型のスロットマシンは店舗への導入が困難である事から、パチンコの枠にそのまま設置できるスロットマシンが開発された。

カー用品

カー用品 カー用品カー用品
中古車(ちゅうこしゃ、 used car, a pre-owned vehicle)とは、中古の自動車や自転車のこと[1]。 冒頭の定義で辞書に示されているように「自動車や自転車」とし、たしかに厳密に言えば中古の自転車も含むのだが、一般的には中古の自動車のほうを指すことが多いので、この記事では自動車を中心に解説する。本稿では日本の中古車について述べる。 「中古車」と言うと基本的に、消費者(末端ユーザー)によって購入もしくはレンタルされ使用された自動車が、再び売りに出されたもの、あるいはすでに再購入されたものを指す。 車齢の若い車は「何年式」という場合の数字が大きいことから「高年式」といい、製造から年数が長く経っている古い車は「低年式」と呼ぶ。

美容グッズ

美容グッズ 美容グッズ美容グッズ
美(英: beauty)とは、「美しいこと」、あるいは「美しさ」であり、自然の事物等に対する感覚的に素朴な印象から、芸術作品に対して抱く感動の感情、あるいは人間の行為の倫理的価値に対する評価にいたるまで、さまざまな意味と解釈の位相を持っている。美は一般に、「良いこと」従って、哲学的な表現では、「善」と何かにおいて関係するものだと言える。 言語表現について述べれば、例えば、見事に開いた薔薇の花を「美しい」と人は表現し、あるいはレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ(ジョコンダの微笑)』を美しいとも評する。古代エジプトの女王であったクレオパトラ7世は「美女」として著名であり、数学者は、抽象数学であるリー群やイデアル理論に出てくる定理を美しいと述べる。モーツァルトやフォーレの音楽は、繊細な美しさを持つと言われ、ヘルマン・ヘッセは、作品に『青春は美し』という題をつけた。また、日本語では、「姿ではなく、美しい心の持ち主」というような表現もする。これらの言葉の使われ方から窺えることは、「美しいこと・美」とは、何か良いこと・快いことであるが、またそれは「優れたこと」であり、また「感動」を人に与える何かであるということである。

レディース商品

レディース商品 レディース商品レディース商品
商品(しょうひん)とは、経済活動において生産・流通・交換される物財のことである。商品には具体例として食品や衣類などの物のほかに、法律相談や郵便配達などのサービスや、証券などの権利、情報などが含まれる。 販売する物財に主眼を置く場合には、商材(しょうざい)とも呼ばれる。マルクス経済学において、商品とは私的な交換を目的とした財・サービスである。交換の対象ではなく、生産者自身によって消費されてしまう財・サービスはそもそも商品とはなっておらず、交換関係の中で商品という存在は成立している。 また商品は、人間のニーズを充足させる性質である「使用価値」と、あらゆる商品と交換可能性を持つ性質である「価値」を持っている。この価値は社会一般的に必要な労働時間によって決められるものであり、生産性が高まれば価値は低下するという性質を持っている。

マイストア

マイストア マイストアマイストア
売れ筋(うれすじ)とは、その時代・その社会で、人気のある商品を指す。対義語は死に筋。売れ筋は、特に購入希望者が多い商品群のことで、これらは新製品やブーム(流行)に乗った商品など、目新しい商品が中心となっている。こと小売店では全商品の、上位2割で8割の売り上げを出すという。 商店では、売り場面積に限りがあるため、売れ筋の売り場面積を拡大し、売れ筋でないものの売り場面積を縮小することになる。果ては、売れ筋でない商品の売り場を全廃することになり、少数派の意見は売り場に反映されないことになる。 ただこれら商品の多くが変化が激しく短期間のうちに死に筋と化すことも珍しくはなく、その仕入れと販売のさじ加減は独特の危うさを含む。このため市場規模を常に観測しながら完売しないことには折角の良好な売上利益を食い潰す格好で不良在庫を抱える危険も含んでいるため、販売店としても売れ筋一辺倒だけでは商売しにくい部分を含んでいる。

パソコン周辺機器

パソコン周辺機器 パソコン周辺機器パソコン周辺機器
周辺機器(しゅうへんきき)またはペリフェラル(英:peripheral)とは、コンピュータやゲーム機などの電子製品の本体に対して、ケーブル等で接続して使用する機器(ハードウェア等)のこと。 何が周辺機器とされるかはその製品により、時代やメーカーやモデルにもよっても変わる。なお、本体と周辺機器と間でのデータ、制御信号、状態(ステータス)など相互のやり取りは転送と言われる。

健康食品

健康食品 健康食品健康食品
健康食品(けんこうしょくひん)は、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品と区別される一群の食品の呼称である。日本の法律(薬事法及び食品衛生法)では、口に入る物は「食品」か「薬」のどちらかであり、「健康食品」というカテゴリーは存在しない。健康食品は法律上、「食品」として扱われる。 一般的に、通常の飲食物の形態をとるほか、粉末や錠剤やカプセルなど医薬品と似た形態のものも多い。ビタミンなどの栄養素や動植物の抽出物を補給するものは「サプリメント」とも呼ばれる。

食べ物ギフト

食べ物ギフト 食べ物ギフト食べ物ギフト
食品(しょくひん、食べ物、英: food、羅: alimentum)とは、人間が食べるための品物。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 一般に人間が食べるために用意された品物を指し、これに対して人間以外の動物が食べるためのものは飼料(餌)と呼ぶ事が多い。人間は生きるために毎日、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。豊かな現代では栄養素の摂取は容易になってきており、嗜好品としての意義が増している。肥満対策として意図的に栄養素を減らしたダイエット食品すらある。

金融広告