Copyright (c) 消費者金融一覧 Creative.ltd, All Rights Reserved.

SEO便利

SEO便利ページ

用語

所有と経営の分離

(しょゆうとけいえいのぶんり、英: separation of ownership and management)とは、物的会社において、社員(出資者つまり株主)と理事者(経営者つまり取締役、執行役)の分離・分担を求める商法上の原則をいう。経営学では、株式所有の分散の高度化により、支配持ち株比率が相対的に低下することを指す。


物的会社

(ぶってきかいしゃ)とは会社の形態を表す言葉。会社において社員や出資者との関係や信頼関係が希薄で、その代わりに会社の財産などといった物が重視されている会社。反対に人材が重視されている会社の事を人的会社という。日本では会社の規模が大きくなるほど物的会社という形になっている。大企業というのは債権者などに対しての責任を果たす上で、財産が重要な役割を果たすためこのような形となる。

消費者金融一覧その他



次へ次へ