Copyright (c) 消費者金融一覧 Creative.ltd, All Rights Reserved.

パソコン周辺機器

パソコン周辺機器ページ

用語

未払費用

みはらいひよう、accrued expense)は、勘定科目の一つ。流動負債に区分される。みばらいひようと呼ばれることもある。未払費用は、決算時に、本来の営業取引以外の継続的な取引から生じる債務の当期分未払額を計上するための経過勘定である。本来の営業取引の債務を扱う買掛金や、本来の営業取引以外の非継続的な取引を扱う未払金と区別される。経過勘定なので、決算時に計上した未払費用は、翌期首に元の勘定科目に振戻仕訳を行う必要がある。


未収収益

(みしゅうしゅうえき、accrued revenue)は、勘定科目の一つ。流動資産に区分される。未収収益は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合に既に提供した役務に対して未だ支払を受けていない対価を計上するための経過勘定である。本来の営業取引の債権を扱う売掛金や、本来の営業取引以外の非継続的な取引を扱う未収金と区別される。経過勘定なので、決算時に計上した未収収益は、翌期首に元の勘定科目に振戻仕訳を行う必要がある。賃貸契約における賃料の未収分や、債権や定期預金などの未収の受取利息、未収の保険料などがこれに該当する。期末日までの経過日数に応じて日割りまたは月割り計算により未収分を計算して計上することになる。

消費者金融一覧その他



次へ次へ