Copyright (c) 消費者金融一覧 Creative.ltd, All Rights Reserved.

アフィリエイト

アフィリエイトページ

用語

管理会計

(かんりかいけい、英語:management accounting)は、企業会計の一種。主として、会計情報を経営管理者の意思決定や組織内部の業績測定・業績評価に役立てることを目的としている。対義語は財務会計である。企業外部の利害関係者に対する情報提供を目的とする財務会計とは、大きく性格が異なっている。管理会計上の情報は、組織内部で使用される機密情報として扱われることが多く、この点で組織の外部からも利用可能な財務会計上の情報と異なる。逆に、財務会計上の情報は、企業会計原則や商法、金融商品取引法、法人税法などにより内容が規制されるが、管理会計上の情報にはそのような規制はない。管理会計の萌芽は、標準原価計算、予算統制、経営分析に求められるように、原価計算(Costing)と予算管理(Budgeting)が代表的な技法である。


原価計算

(げんかけいさん、cost accounting)は、製品やサービスの原価を計算すること、または、その方法である。狭義では、工業簿記のシステムに組み込まれており、複式簿記に基づき、製品原価を分類・測定・集計・分析して報告する手続きのことをいう。1962年に、大蔵省企業会計審議会より公表された「原価計算基準」はこの狭義の原価計算を規定したもので、日本での原価計算の実践規範になっている。広義では、製品やサービスの原価を計算するための方法一般を指す。工業簿記に基づかない原価計算も、実務では広く適用されている。また、目的や製造方法により、利用される手法が異なる。今日の場合広義に捉えるのが一般的であり、その場合原価計算の意味は管理会計の意味とほぼ同義となる。つまり、経営管理者の経営管理に貢献するものすべてが、原価計算といえるのである。

消費者金融一覧その他



次へ次へ