Copyright (c) 消費者金融一覧 Creative.ltd, All Rights Reserved.

不動産

不動産ページ

用語

後入先出法

あといれさきだしほう)とは、後に取得したものから順に払出されると仮定して、棚卸資産の取得原価を払出原価と期末原価に配分する方法である。英語では、LIFO(Last In, First Out)という。対義語は先入先出法(FIFO)後入先出法は2010年4月1日以後開始する事業年度から廃止すると、2008年9月26日 企業会計基準委員会が発表した。なお、原価計算における材料の消費価格の計算を定めた原価計算基準においては後入先出法が廃止されていないので、企業の内部資料として使用する限りにおいてはこの方法を使うことも可能である。


棚卸資産

(たなおろししさん、英: inventory)は、会計用語の一つ。販売目的と何らかの形で結びついている財、またはサービスを指す。有形のものもあり、無形のもの(サービスなど)もある。販売を意図して保有しているものも、そうでないものもある。正常営業循環基準により、必ず流動資産となる。

消費者金融一覧その他



次へ次へ