Copyright (c) 消費者金融一覧 Creative.ltd, All Rights Reserved.

ホームページ作成

ホームページ作成ページ

用語

損益計算書

(そんえきけいさんしょ、英: income statement (US), profit and loss statement (UK)等)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益(revenue)と費用(expense)の状態を表すために、複式簿記で記録されたデータを集計することによって、貸借対照表などと同時に作成される。企業内において経営判断のための情報として用いるほか、株主や債権者などに経営成績に関する情報を提供する。


剰余金

じょうよきん)とは、商法(会社法)会計上の用語で、純資産から、資本金、資本準備金を控除した金額で、分配可能額算定の基礎となる。2005年 (平成17年) 改正前の商法において、剰余金とは、株式会社で、貸借対照表貸方、資本の部を構成する区分の一つであり、資本の部は資本金、資本剰余金、利益剰余金に区分されていた (商法施行規則旧88条)。会社法においては、改正前商法の配当可能利益、利益配当に代わる概念として分配可能額、剰余金の配当という用語が採用されたため、剰余金という用語が会社の財務政策を論じる上で一層重要な概念となった。剰余金は大きく、資本剰余金と利益剰余金に区分される。

消費者金融一覧その他



次へ次へ